日常生活から考える健康管理について

日常生活でできる健康管理

日常生活から考える健康管理について

近年増加している生活習慣病には運動不足や食生活の影響が大きいです。また運動不足は心肺機能を低下させ、子どもの成長だけでなくその人の老後の身体にも影響をあたえています。運動をすることで最大酸素摂取量の増加させ、全身持久力を強化させることができます。またHDL(俗に言う善玉コレステロール)を増加させ動脈硬化を防止することができます。また食生活が健康に与える影響も同じです。塩分の過剰摂取を減らすことはできていますが、かわりに動物性脂肪の摂取量が増えています。

動物性脂肪を控えるとともに、魚類の摂取量を増やしましょう。また栄養のバランスをとるためには多様な食品を摂取することが大切です。健康管理のために低塩分、低脂肪を基本に一日平均30食品を目標にバランスのとれた食事をめざしましょう。

  1. TOP > 

食事に気をつけよう

食事のバランスは健康管理では最重要です

食事のバランスは健康管理では最重要です
人は若いうちは健康を意識する事は余りありませんが、年齢を重ねるにつれて…

健康管理は食事の時間が大切

健康管理は食事の時間が大切
最近はライフスタイルが変わってきた現代人にとって、健康管理が難しくなっ…

運動をしよう

運動をしよう

日常生活で気をつけること

日常生活で気をつけること

おすすめ

食事に気をつけよう

運動をしよう

日常生活で気をつけること

Copyright © 2015 日常生活でできる健康管理 All rights reserved.